バチカンと日本の
秘められた歴史の扉が
いま開かれる!

~バチカンと日本
100年プロジェクト
文化交流パートナー募集~
 クラウドファンディング 
概要

 ヴェールに包まれたバチカンと日本との450年以上にわたる交流の歴史の扉が、いま、開かれようとしています。
 「バチカンと日本 100年プロジェクト」は、38年ぶりとなる2019年11月のローマ教皇の来日を契機とし、角川文化振興財団の呼びかけにより始まりました。バチカンと日本の450年以上にわたる文化交流の歴史を、そのスタート時点に遡って紐解いていきます。
 元文化庁長官で多摩美術大学理事長の青柳正規氏を代表とする、総勢10名を超える研究チームには、バチカン・教皇庁文化評議会(Pontificium Consilium de Cultura)の後援のもと、これまで日本の研究者には許可されていなかった資料が特別に開示され、新たな発見に結実しはじめています。
 研究分野は多岐にわたります。日本には記録が残っていない、歴史的な資料の発見や、昭和天皇とバチカンとの関係を示す文書の発掘など、早くも大きな成果が期待されています。
 これまでの交流の歴史を解き明かすだけでなく、100年先の未来を見据えた友好関係の礎を築くためにも、ロマンあふれる、新たな歴史発見の目撃者となる、文化交流パートナーをクラウドファンディングとして募集します。
 本プロジェクトによる成果を共有し、発展させていく、そして日本とバチカンの文化交流の学びの場としての役割も果たす「バチカンと日本 100年プロジェクト」にぜひ皆さまのご支援を賜りますよう、どうぞ、よろしくお願いいたします。

問い合わせ

公益財団法人 角川文化振興財団
〒359-0023 埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3角川武蔵野ミュージアム内
vj100@kadokawa-zaidan.or.jp

プライバシーポリシー

PAGE TOP